第29回社会福祉士・第19回精神保健(共通科目) 国家試験問題 難易度アンケート 問題83

第29回社会福祉士・第19回精神保健(共通科目)の難易度アンケートにご協力お願いします。受験生が選んだ選択肢の傾向や、問題の難易度がわかります。

アクセスが混雑している場合は、しばらく時間をあけるか、再更新、最読み込みをするとつながりやすくなります。アンケートの下の【次のページへ進む】を押せば次の問題のアンケートがございます。お疲れのところ大変恐縮ですが宜しくお願いします。


問題83 【第29回社会福祉士・第19回精神保健福祉士国家試験問題難易度-共通科目

無料解答解説もございます。随時更新してまいります。

回答にチェックマークを入れ、【Vote】をクリックしてください。終わりましたら下の次のページにおすすみください。投票後【View Results】を押すと投票結果が見れます。

問題83
事例を読んで,関係当事者の民事責任の説明に関する次の記述のうち,最も適切なものを1つ選びなさい。

〔事例〕

V社会福祉法人が設置したグループホーム内で,利用者Lが他の利用者Mを突き飛ばしてケガを負わせた。
ホームの職員Aは,Lに腹を立て,事実関係も確認せず,その場にLを長時間正座させ,他の利用者らの面前でLを叱り続けた。
これが原因で, Lは体調を大きく崩して,長期の入院加療を余儀なくされた。

1 Lが認知症であれば民法713条が定める責任無能力者として免責されることになるので, LのMに対する不法行為責任は成立しない。

2 LのMに対する不法行為責任が認容される場合には,Vに民法714条の法定監督義務者貴任を理由とする不法行為責任は成立しない。

3 LがAに不法行為責任に基づく損害賠償請求をする場合に,Vに民法715条の使用者責任に基づく損害賠償請求を併せて行うことはできない。

4 LがVに債務不履行責任に基づく損害賠償請求をする場合に, Vに民法715条の使用者責任に基づく損害賠償請求を併せて行うことはできない。

5 VがAの使用者責任に基づきLに損害賠償を支払った場合でも, VがAに求償することはできない。

問題83の難易度を一つ選んで、次に、試験で解答した選択肢を一つ選んでください。

View Results

Loading ... Loading ...

随時更新中!

無料解答解説はこちらから

アンケートご協力ありがとうございます。約2~3週間でアンケートを締め切る予定です。


★ココに注目★♪

【社会福祉士の次のページに進む→】

【精神保健福祉士の次のページに進む→】

ケアマネ試験の受験資格が変ります!

ケアマネ試験無料過去問題解説

学校別合格率

第29回社会福祉士国家試験無料解答解説はこちらから

解答解説ページが混雑時、つながりやすいサイトは下記になります。お気に入りに入れてご覧下さい。

サイト1  サイト2  サイト3  サイト4  ★サイト5


【アンケートTOPページ】

【アンケート午前ページ】

【アンケート午後ページ】こちらからがおすすめです。

人気♪♪♪↓

【第29回社会福祉士試験問題文】

♪★大人気★♪

【試験の感想掲示板】

 ◆よく読まれている記事トップ5 よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、

◆特集記事 随時更新 随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ