第29回社会福祉士・第19回精神保健(共通科目) 国家試験問題 難易度アンケート 問題46

第29回社会福祉士・第19回精神保健(共通科目)の難易度アンケートにご協力お願いします。受験生が選んだ選択肢の傾向や、問題の難易度がわかります。

アクセスが混雑している場合は、しばらく時間をあけるか、再更新、最読み込みをするとつながりやすくなります。アンケートの下の【次のページへ進む】を押せば次の問題のアンケートがございます。お疲れのところ大変恐縮ですが宜しくお願いします。


問題46 【第29回社会福祉士・第19回精神保健福祉士国家試験問題難易度-共通科目

無料解答解説もございます。随時更新してまいります。

回答にチェックマークを入れ、【Vote】をクリックしてください。終わりましたら下の次のページにおすすみください。投票後【View Results】を押すと投票結果が見れます。

問題46
1990年(平成2年)以降の行財政等の動向に関する次の記述のうち,正しいものを1つ選びなさい。

1 いわゆる福祉関係八法改正によって,自治体に地域福祉計画の策定が義務づけられた。

2 介護保険法の施行によって,新ゴールドプランが策定された。

3 「地方分権一括法」の施行によって,養護老人ホームへの入所措置は市町村の法定受託事務となった。

4 平成の大合併によって,市の数は減少した。

5 「三位一体の改革」によって,国庫補助金及び地方交付税が削減された。

(注)1「地方分権一括法」とは,「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」のことである。

  2「三位一体の改革」とは,「経済財政m営と構造改革に関する基本方針2003」(いわゆる「骨太の方針2003」,平成15年6月27日閣議決定)などに基づいて行われた一連の地方財政改革をいう。

問題46の難易度を一つ選んで、次に、試験で解答した選択肢を一つ選んでください。

View Results

Loading ... Loading ...

随時更新中!

無料解答解説はこちらから

アンケートご協力ありがとうございます。約2~3週間でアンケートを締め切る予定です。


★ココに注目★♪

【次のページに進む→】

ケアマネ試験の受験資格が変ります!

ケアマネ試験無料過去問題解説

学校別合格率

第29回社会福祉士国家試験無料解答解説はこちらから

解答解説ページが混雑時、つながりやすいサイトは下記になります。お気に入りに入れてご覧下さい。

サイト1  サイト2  サイト3  サイト4  ★サイト5


【アンケートTOPページ】

【アンケート午前ページ】

【アンケート午後ページ】こちらからがおすすめです。

人気♪♪♪↓

【第29回社会福祉士試験問題文】

♪★大人気★♪

【試験の感想掲示板】

 ◆よく読まれている記事トップ5 よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、

◆特集記事 随時更新 随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ