第19回精神保健福祉士(専門科目)国家試験問題 難易度アンケート 問題31

第19回精神保健福祉士国家試験・(専門科目)の難易度アンケートにご協力お願いします。受験生が選んだ選択肢の傾向や、問題の難易度がわかります。

アクセスが混雑している場合は、しばらく時間をあけるか、再更新、再読み込みをするとつながりやすくなります。アンケートの下の【次のページへ進む】を押せば次の問題のアンケートがございます。お疲れのところ大変恐縮ですが宜しくお願いします。


問題31 【第19回精神保健福祉士国家試験問題難易度-専門科目

無料解答解説もございます。随時更新してまいります。

回答にチェックマークを入れ、【Vote】をクリックしてください。終わりましたら下の次のページにおすすみください。投票後【View Results】を押すと投票結果が見れます。

(精神保健福祉相談援助の基盤・事例問題1)
次の事例を読んで,問題30から問題32までについて答えなさい。

〔事 例〕
 ある日,精神保健福祉センターに勤務するE精神保健福祉相談員(精神保健福祉士)
(以下「E相談員」という。)のもとに,Fさん(35歳,女性)が相談に訪れた。来所目的
を尋ねると,「夫のことで困っているんです。誰にも話せないと思っていましたが,
裁判でお世話になった弁護士にこちらを紹介され,勇気を出して相談に来ました」と小
さな声で話した。夫のGさん(35歳)は,薬物所持で起訴されて執行猶予の判決を受け,
現在は仕事を辞めて自宅にいるという。E相談員は,「夫は相談に一緒に来ようとも
しないし,どうしてよいか分からない」と涙を流すFさんの話を聞いた。(問題30)

 Fさんは,「これからどうなるか分からないけれど,夫のために,妻としてできる
ことは頑張りたい」と話し,「二度と薬物に手を出さないよう,監視するのが妻の責任
だと思います」と厳しい表情を見せた。このようなFさんに対して, E相談員は相談
を継続することと,精神保健福祉センターで開催している心理教育を中心とした家族
教室への参加を提案した。(問題31)

 それから約3か月が経過したある日,Fさんは夫のGさんを伴って相談に訪れた。
E相談員がGさんに来所の理由を尋ねると,「妻が非常に心配しているので,安心さ
せるために仕方なく来ただけです。精神科病院では薬物依存症と診断されましたが,
自分は病気だと思っていません。もう二度とクスリは使用しない自信もあるので,相
談の必要は感じていないです]とぶっきらぼうに答えた。
 Fさんが家族教室に参加したり. E相談員との相談を繰り返す中でGさんも徐々に
心を開き,「早く以前のように働いて妻を安心させたいけれど,今仕事を始めるとス
トレスがたまって,またクスリに逃げてしまう気がする。最近,気が付いたらクスリ
のことを考えているときがあり,正直このままやめ続ける自信がない」と複雑な思い
を口にするようになった。(問題32)

問題31 
次の記述のうち,E相談員がFさんに家族教室への参加を提案した意図について,適切なものを1つ選びなさい。
  

1 Gさんを監視するための具体的な方法を学んでもらう。

2 Fさんが共依存という疾患にかかっていることを気付いてもらう。

3 妻としての責任をより強く自覚してもらう。

4 イネイブラーとしてGさんを支える方法を学んでもらう。

5 Gさんの主体性を大切にした関わり方について考えてもらう。

問題31の難易度を一つ選んで、次に、試験で解答した選択肢を一つ選んでください。

View Results

Loading ... Loading ...

随時更新中!

無料解答解説はこちらから

アンケートご協力ありがとうございます。約2~3週間でアンケートを締め切る予定です。


★ココに注目★♪

【次のページに進む→】

ケアマネ試験の受験資格が変ります!

ケアマネ試験無料過去問題解説

学校別合格率

第19回精神保健福祉士国家試験無料解答解説はこちらから

解答解説ページが混雑時、つながりやすいサイトは下記になります。お気に入りに入れてご覧下さい。

サイト1  サイト2  サイト3  サイト4  ★サイト5


【アンケートTOPページ】

【アンケート午前ページ】

【アンケート午後ページ】こちらからがおすすめです。

人気♪♪♪↓

【第19回精神保健福祉士試験問題文】

♪★大人気★♪

【試験の感想掲示板】

 ◆よく読まれている記事トップ5 よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、

◆特集記事 随時更新 随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ