第29回介護福祉士国家試験問題 難易度アンケート 問題67

第29回介護福祉士国家試験問題難易度アンケートにご協力くださいますようお願い申し上げます。予想合格基準点についても統計をとり分析いたします。詳しくは本ページの最後をご参照ください。

アクセスが混雑している場合は、しばらく時間をあけるか、再更新、最読み込みをするとつながりやすくなります。アンケートの下の【次のページへ進む】を押せば次の問題のアンケートがございます。お疲れのところ大変恐縮ですが宜しくお願いします。


問題67 【第29回介護福祉士国家試験問題難易度】

第29回介護福祉士国家試験問題難易度アンケートにご協力お願いします。無料解答解説もございます。随時更新してまいります。

回答にチェックマークを入れ、【Vote】をクリックしてください。終わりましたら下の次のページにおすすみください。投票後【View Results】を押すと投票結果が見れます。

次の事例を読んで,問題67,問題68について答えなさい。
〔事 例〕
 

Eさん(67歳,女性,要介護3)は, 1年前,くも膜下出血(subarachnoid hemorrhage)
で倒れて,左片麻輝,体幹機能の低下が残った。排泄訓練を目的として介護老人保健
施設に入所した。
 入所時のEさんは,不自由でも,右手でベッド柵を掴んで起き上がることやベッド
の端に座ることはできたが,立位保持はできなかった。おむつを着用しているが,
「おむつは嫌」と自分の気持ちを訴えていた。医師は着脱と拭く行為には介助か必要だが,
車いすから便座に移ることは可能であると判断した。
 F介護福祉職はアセスメント(assessment)を行い,本人の思いを考慮して介護計
画の短期目標を,「車いすから便座に移り排泄する」と設定して,評価日は1か月後と
した。理学療法士と連携して,トイレで移乗のための立位訓練を始めた。

問題67

I C F (International Classification of Functioning, Disability and Health :
 国際生活機能分類)に基いて情報を分類する場合,Eさんの「能力」(できる活動)に
 該当するものとして,適切なものを1つ選びなさい。

1 右手でベッド柵を握る動作

2 ベッド上での座位の保持

3 手すりを使っての立位の保持

4 「おむつは嫌」という気持ちの表出

5 車いすから便座への移乗

問題67の難易度を一つ選んで、次に、試験で解答した選択肢を一つ選んでください。

View Results

Loading ... Loading ...

随時更新中!

無料解答解説はこちらから

アンケートご協力ありがとうございます。約2~3週間でアンケートを締め切る予定です。アンケートの最終結果を無料メルマガでも順次ご案内いたします。


★ココに注目★♪

◆予想合格基準点を知りたい受験生は、無記名の無料メルマガにご登録お願いします。

【次のページへ進む】

無料メルマガ登録方法はこちらから

第29回介護福祉士国家試験無料解答解説はこちらから

解答解説ページが混雑時、つながりやすいサイトは下記になります。お気に入りに入れてご覧下さい。

サイト1  サイト2  サイト3  サイト4  ★サイト5

 ◆よく読まれている記事トップ5 よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、よく読まれている記事、

◆特集記事 随時更新 随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新随時更新

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ